スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄探鳥3日目(石垣島)

2010年11月21日 05:03

今日が社員旅行最終日。

午後には那覇の本隊?と合流しなくてはなりませんので
鳥見が出来るのは12時まで。

朝明るくなるのが遅いとのことで、
宿の朝食を7時にしてもらいましたが、
それでも写真を撮るには暗い感じ。
結局宿を出たのは8時でした。

で、昨日会うことが出来なかったズグロミゾゴイ。
この鳥にはなんとしても会いたかったので
昨夜のガイドさんに数ヶ所ポイントを教えて貰いました。

朝イチで宿から一番近いポイントへ。(5分以内・・・、近っ。)
いないみたい。でもオサハシブトガラスの枝止まりをGet。

<オサハシブトガラス>
ハシブトガラスよりも小柄です。鳴き声も違いますね。
前被りですが、あまり気合いも入らないので・・・。
101114_4666_S.jpg


続いて2番目のポイントへ。ここへも5分程度で到着。

林の中をゆっくり進んでいると、いました。成鳥です。
ちょっと警戒心が強そうで、近づけないうちに林の中へ・・・。
何とか証拠はGet。これで一安心。

<ズグロミゾゴイ>
101114_4694_S.jpg

少し時間を空けて出直そうと思い、森林公園に向け移動。
その途中、牧場で餌を探しているアジサシを発見。

飛びものを撮りますが何か判りません。
そうこうしていると遠くの電線に留まったのでゆっくり接近。

どうもハジロクロハラアジサシではないかと思われます。

<ハジロクロハラアジサシ>
目の後ろの黒斑が目の下まで伸びているのと、嘴も細いので・・・。
101114_4713_S.jpg

同一個体です。
101114_4777_S.jpg

アジサシを撮り終え、森林公園でズグロミゾゴイを探しますが見つかりません。
めぼしい場所を徒歩で探していると、藪の中で動く小さな陰。
暫く待っていると表に出てきてくれました。
イシガキシジュウカラでした。

<イシガキシジュウカラ>
色が黒いです!。ほっぺの白斑も小さいし。
他に生き物が写っています。判りますか?
101114_4824_S.jpg

101114_4845_S.jpg

さらに、リュウキュウメジロもいました。

<リュウキュウメジロ>
脇の褐色部分が無いのが特徴です。ちょっと小さいようにも感じました。
101114_4864_S.jpg

さらに、リュウキュウキビタキと思われる個体もいました。

<リュウキュウキビタキ>
超証拠写真ですが、背中の黒が緑がかっているのが判ります。
また、渡りの時期でもないので、留鳥であるリュウキュウキビタキだろうと思います。
101114_4870_S.jpg

結局、森林公園ではズグロミゾゴイには会えず・・・。
その後、アカガシラサギを探しますが、こちらも会えずじまい。
道すがらシロハラクイナを撮影。

<シロハラクイナ>
101114_4923_S.jpg

そうこうしているうちに時間も残り少なくなり、
最後に朝イチの林へ。

ゆっくり流していると、偶然に林の中で動くズグロミゾゴイが目に入りました。
歩く方向が道に向かっていたので、エンジンを切って待機。
すると、ゆっくり出てきてくれました。今度は幼鳥でした。

<ズグロミゾゴイ>
101114_4987_S.jpg

暫く幼鳥を観察して、ここでタイムアップとなりました。
1日半の石垣島での鳥見で12種初見することが出来ました。
  1.カンムリワシ
  2.シマアカモズ
  3.イシガキヒヨドリ
  4.ムラサキサギ
  5.コウライキジ
  6.ギンムクドリ
  7.リュウキュウアオバズク
  8.リュウキュウコノハズク
  9.オサハシブトガラス
 10.ズグロミゾゴイ
 11.ハジロクロハラアジサシ
 12.イシガキシジュウカラ

天気が怪しいなか、ほとんど雨による影響もなく、
またトラブルなく終われたことに感謝。
石垣島の自然、ほんの一部ですが触れることが出来たことにも感謝。
また来年も楽しい鳥見旅行ができますように。
スポンサーサイト

沖縄探鳥2日目(石垣島)夜の部

2010年11月20日 01:53

ギンムクドリの撮影で日中の部は終了。
次はいよいよ夜の鳥見です。

沖縄本島の「やんばる」で野宿をしながら自力でフクロウ類を
探したことはありましたが、なかなか思うようにはいきませんでした。

そこで、今回はガイドさんの案内のもと、リュウキュウアオバズク
リュウキュウコノハズク、ズグロミゾゴイ、オオクイナなどを狙います。

今回のガイドは、Seabeansさんにお願いしました。
鳥見以外にも登山やシュノーケリングなどの案内もしてくれます。

毎日のようにブログを更新されていて、それを見ているだけでも
充分楽しませてもらえます。

前置きが長くなってしまいました。
それでは、今回の成果報告です。

宿までガイドさんが迎えに来てくれて、いよいよ夜の鳥見開始です。
どんな山の中をウロウロするのか、すごく楽しみです。

が、宿をスタートして10分も経っていないと思いますが
その辺の道路脇で、リュウキュウアオバズクを発見。

その後もあちこちの道路沿いで姿がみられました。

リュウキュウアオバズク
101113_4443_S.jpg

昼間何回もいった森林公園にも行き、あっさりとリュウキュウコノハズク
出会うことが出来ました。

リュウキュウコノハズク
101113_4540_S.jpg

ズグロミゾゴイ、オオクイナも探しましたが
こちらは出会うことが出来ませんでした。

あと、ヤエヤマオオコウモリにも何度か出会いましたが
写真には納めることが出来ませんでした。
Seabeansさんのブログによく登場しますのでご覧下さい。

その後、市街地でも愛想のいいリュウキュウコノハズクに出会え、
堪能させてもらいました。

101113_4556_S.jpg

101113_4640_S.jpg

短時間ではありましたが楽しい時間を頂き、
いい経験をさせてもらいました。
夜の鳥見は、経験値が物をいうな~というのが実感です。

参考までに、撮影時はガイドさんにライトを当てて頂きながら撮りました。

次回はいよいよ最終日の鳥見をお届けします。


沖縄探鳥2日目(石垣島)午後の部

2010年11月19日 00:10

午前の部に引き続き、夕方まで島内を廻ってきました。

干潟、河口、農耕地、牧場、森林公園など8ヶ所ほどに
目星をつけていました。

午前中廻ってみた感じで、全体の距離感がつかめたので
1ヶ所で粘らずRUN&GUNで周回数を増やす作戦にしました。

まずは、最初にいった農耕地へ。
ここでは、ようやくムラサキサギをGetしましたが近寄れず。
他にチョウゲンボウ♂が何かを捕まえているところに遭遇したぐらい。

<チョウゲンボウ♂>
101113_4135_S.jpg

次に干潟に行きましたが成果無し。次の農耕地へ。
ここで、4個体目となるカンムリワシと出会いました。
(3個体目を電線止まりで見つけましたが省略します。)

カンムリワシ
ウ○チか、飛び出す寸前のように見えますが、強風に耐えているところです。
葉っぱが水平近くになっているのが判ります。
101113_4175_S.jpg

カンムリワシに満足した後、同じ農耕地で2個体目のムラサキサギを発見。
こちらは、そこそこ近くで見ることができました。
実物はすごく綺麗な配色をしています。

ムラサキサギ
101113_4242_S.jpg

別個体です。
101113_4262_S.jpg

さらに同じ場所でコウライキジが畦道を渡るのを見つけましたが撮り逃し、
少し粘っていると別個体が車の後方から飛んできたので飛び物を取りましたが
写りはイマイチでした。

で、今度は森林公園へいって見ましたが、ズグロミゾゴイには出会えず。
さらに移動して、牧場や川沿いを廻っていると遠くにコウライキジが2羽。
さっきの飛び物よりはマシなのがこれ↓。

コウライキジ
首の白い輪が特徴です。
もう一羽が右に写っているのですが、小さくなりすぎるのでカットです。
101113_4274_S.jpg

つぎは、アカガシラサギが居ないかと朝イチの農耕地へ戻って見ましたが不発。
水を張った田んぼにハイタカが降りているのを発見。
すぐに飛ばれてしまったものの、何とか飛び物は撮れました。

<ハイタカ>
石垣では少ないそうです。
101113_4290_S.jpg


まだ出会えていないズグロミゾゴイ。
夕方もチャンスだと聞いていたので森林公園へ行ってみましたが
残念ながら出会えず。

さらにウロウロしていると、ガイドさんから電話が。
ギンムクドリの群れが居るとのうれしい知らせでした。

早速移動し、5分ほどで現場到着しましたが姿無し。
飛んでいく方向(塒の方向?)を聞いていたので
そっちへ行ってみても姿無し・・・。

ダメだったかなと思いつつ、元の場所へ戻ってみると
なんだ居るじゃないですか!9羽の群れでした。
電線留まりですが、初見なので全然OKです。

ギンムクドリ
101113_4325_S.jpg

101113_4331_S.jpg

ここまでで石垣島の初日(日中の部)は終了。
1日の成果は、カンムリワシ、シマアカモズ、イシガキヒヨドリ、ムラサキサギコウライキジ
ギンムクドリと6種のライファーに出会うことができました。

次回は、夜の部をお届けします。







沖縄探鳥2日目(石垣島)午前の部

2010年11月18日 12:49

いよいよ2日目、今回の鳥見でのメイン探鳥地となる
石垣島へ朝イチの飛行機で移動。

天気が悪いとの予報でしたが、自称「晴れ男」の自分が
石垣空港に到着したときは青空も覗いていました。
(那覇は強風・大雨だったそうな・・・。)

空港でレンタカー屋のおねえさん?にピックアップしてもらい
車を待っている間、目の前をムラサキサギがフワフワと・・・。
ん~。さすが石垣島、期待が高まります。

30分ほどで手続きを終え、早速鳥見を開始。
まずは、お目当ての農耕地をナビに設定し案内を開始すると
10分足らずで到着するとのガイダンス。

近っ!!。そんなとこでほんま大丈夫なんかな~と
思っている間に到着。

こぢんまりした場所でしたが、いきなりクロツラヘラサギ発見。
セイタカシギも沢山、シギチも沢山。ツメナガもいていい感じです。

が、お目当てのムラサキサギ、アカガシラサギは見当たらないので
早々に移動。

早い時間の内に森林公園へいってズグロミゾゴイを探します。
こちらも10分弱で到着。どこも近い!!。

ここでもお目当ての鳥には出会えず早々に移動開始。
まずは、目星をつけたポイントを一巡りしてみる作戦です。

で、次は林道でカンムリワシを探そうと移動中、
道路脇の林で2羽のカンムリワシの枝止まりを発見!!。
3ヶ所目でようやくライファーGetです。

カンムリワシ
101113_4025_S.jpg

101113_4040_S.jpg

101113_4096_S.jpg

愛想の良い個体で喜んでいると、甲高いきつい鳴き声が。
声の主を捜すと、シマアカモズでした。
立て続けにライファーGet。なんとラッキー。

こちらは愛想が悪く、証拠程度しか撮れませんでした。

シマアカモズ
101113_4107_S.jpg

シマアカモズを撮っていると、らにイシガキヒヨドリが目の前に。
こちらも愛想が悪く数カット撮っただけ。

自分ではヒヨドリと識別出来ないですが、石垣島にはヒヨドリは
いないようなのでイシガキヒヨドリ確定ということで・・・。

イシガキヒヨドリ
101113_4114_S.jpg

ここまでで、2日目の午前の部を終了。
いったん宿のチェックインと、夜の鳥見のガイドさんに
連絡を取って午後の部突入です。

つづく。

沖縄探鳥1日目

2010年11月17日 19:14

2泊3日の社員旅行で沖縄に行ってきました。

工程の概要はこんな感じ↓。
初日(11/12)、那覇入りした後、2時間ほど農耕地で鳥見をして那覇泊まり。
2日目(11/13)、朝イチで石垣島に移動し、レンタカーで終日鳥見。
        夜、ガイドさんの案内で「夜の鳥見」をして石垣島泊まり。
3日目(11/14)、午前中鳥見をして午後から那覇経由で高松へと戻りました。

それでは、初日からの報告です。
初日の夜に社員旅行唯一の団体行動である宴会が設定されていたので、
鳥見出来る時間は、移動時間を除くと約2時間ほどでした。

初めての場所でヨーロッパトウネンを探したかったのですが、
2時間で見つけられるか自信が無く、無難な線を選んで
沖縄中部の農耕地を廻ってきました。

が、現地はメインの水路で工事をしており、
鳥密度がいつもより薄く感じました。

それでも、このくらい↓は1ヶ所で軽く見つけられますので
流石沖縄です。

ツメナガセキレイ、タヒバリ、タシギ、アオアシシギ、コアオアシシギ、
アマサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、クロサギ(白タイプ)、
イソシギ、トウネン、ヒバリシギ、クサシギ、タカブシギ、ハクセキレイ、
キセキレイ、タイワンシロガシラ、イソヒヨドリ、リュウキュウキジバト、
アミハラ(シマキンパラ)、バン、ハシビロガモ、ムナグロ、サシバ、
ハシブトガラス、コチドリ、アカアシシギ、セイタカシギ、ミサゴ

時間にも追われ、ちょっと消化不良ぎみでしたが2日目に期待です。

<アオアシシギ>
101112_3854_S.jpg

<セイタカシギ>
101112_3932_S.jpg

<ツメナガセキレイ>
101112_3784_S.jpg

<リュウキュウキジバト>
かなり日焼け?してるでしょ。
101112_3824_S.jpg

<サシバ>
101112_3979_S.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。