スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月27日 23:49

今週も何かと所用があり、鳥見は今日用事のついで?に1時間ほどお山に行きました。
夕方だったので、小鳥の陰は見られますが暗くて写真になりそうにありません。

そんな中、お山の登りと下り両方でコジュケイが出てくれて撃沈はまぬがれました。
場所が離れていたので別個体だと思います。
しかも下りではヒナを連れて出てくれました。

ちょっと距離があったので、あまいのをシャープネスでごまかしてます・・・。

<コジュケイ>
よくみるとヒナがいます。
IMG_7180_S.jpg
ヒナはこっちを向いてくれません・・・。
IMG_7192_S.jpg

スポンサーサイト

2008年07月20日 23:46

今日は早起きして午前中だけお山に行ってきました。
先週尾羽しか見れなかったソウシチョウの場所です。

運良く再会できましたが、近くには来てくれませんでした。
<ソウシチョウ>
IMG_7093_S.jpg
IMG_7114_S.jpg
<ゴジュウカラ 若鳥?>
IMG_7055_S.jpg

その他のお目当ての鳥には出会えず、森の中を帰っているとシカに遭遇しました。
隠れる場所がなかったので、片膝をついてカメラで顔を隠しお地蔵さんになりました。
IMG_7133_S.jpg

暫くしてシカはこちらの存在に気づきましたが、じっとして動きません。
にらっめっこすること6分間、こちらに向かって歩き始めました。

どんどん近づいてきて、15mほどまで来て横フレームに入らなくなり縦に持ち替えました。
それでもどんどん近づいて来ます。
IMG_7168_S.jpg

これ以上はお互いに危険だと思い、ゆっくりカメラを下ろして顔を出しました。
すると立ち止まって暫くじっとしていましたが、突然猛ダッシュで引き返して行きました。
IMG_7175_S.jpg

かわいい顔をしていますが、いざ森の中で出会うと怖い面もありますね~。
足場が良くないし、大きな体で体当たりでもされたら・・・。

野生動物は相手の目(顔?)を見て危険な存在か否かを判断しているのでは?と
以前から思ってましたが、それを少し実感できた出来事でした。

2008年07月13日 23:33

昨日は、時期が悪いなと思いながらもライファーを求めて
いつもと違うお山にいってみました。

下は天気がいいのに、お山の上は曇り空。
時折雨がパラつくし、森の中は暗く鳥の気配も少なく
足取りは重くなるばかりでした。

そんな中、熊笹の上を一直線に飛ぶ鳥を発見。
倒木の裏に留まりました。

何とか隙間からお尻が見えたので、何か解らないまま
とりあえずシャッターを2枚切ったところで飛び去ってしまいました。

結局、シャッターを切ったのはその2枚だけで、ん~撃沈です・・・。
歩き疲れたのと、撃沈とで写真の整理もすることなく寝てしまいました。

今日はというと、炎天下のもと子供の行事のお供です。
待ち時間の合間にツバメが飛んでいたので、一寸だけ遊んでもらいました。

この週末も成果なく終わったなと思いながら写真の整理。

すると、昨日のお山の鳥は見たこともない尾羽です。
手持ちの図鑑で解らず、ネットで検索して「ソウシチョウ」だと解りました。

外来種ではありますが、ライファーです。
ちょっと1種増やすには気が引ける写真ですが、同定可能ということで・・・。

【今年の目標200種達成まで、あと6種。】

<ソウシチョウ>
高知では増えていると聞きましたが・・・。
IMG_6985_S.jpg

トリミングしてみると尾羽が特徴的です。
IMG_6985T_S.jpg

<ツバメ>
IMG_7012_S.jpg

2008年07月08日 00:02

土曜は会社行事、日曜~月曜は研修と、この週末はカメラすら触っていません。

ということで、先週の昼休みに見に行ったいつものアオバズクで更新します。

数回見に行きましたが、いつも番で枝に留まっていました。
抱卵に入っていたとばかり思ってたのですが、もしや繁殖失敗でしょうか?

このときは周りでカラスが騒いでいたので♂の機嫌が悪く、
何度も飛ぶ姿を見せてくれ、おまけにカラスに蹴りを入れる所もみれました。

繁殖については、もう少し様子を見守って行きたいと思います。

<アオバズク番>
後ろの固まりが♂、手前が♀です。尾羽の先が痛んでます。
IMG_6948_S.jpg

これも♀
IMG_6940_S.jpg

カラス警戒中の♂、カラスのおかげでいつもと違う枝に留まってくれました。
IMG_6982_S.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。