スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週から時々

2007年06月28日 13:00

昼休みにアオバズクの様子を見に行っています。
雄がこれまでと違って、より巣穴に近い場所に止まるようになりました。

ネットで調べたところ、アオバズクは孵化に約25日、巣立ちに約28日とありました。
雌の姿が見えなくなって約1ヶ月ですので、ヒナが孵化したので雄が巣に近いところで
見張りをするようになったのでは?と思います。

いつも同じ場所に止まるのと、撮影場所が限られるので撮っても同じような写真ばかり
になるのであまり撮りませんが、今回は雄雌の見分けをしようと思い撮ってみました。

5月16日の記事に雄雌の写真を載せていますが、どうも雄雌が逆のように思います。
翼のたたみ具合が違うので胸の辺りの模様が以前と違います。
眉間の白い部分の大きさで判断したのですが・・・・。これもどうだか?

ヒナが巣立つまでにはもう一ヶ月あるので、また機会を見て比べてみます。

<アオバズク♂、まつがいない!>
Img_8882_s
ED82+28XWDA+S80、広角端から1段目、縦位置撮り、ノートリです。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tousankankou.blog118.fc2.com/tb.php/9-0247a282
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。